小豆島町について

産業

産業

小豆島町の産業は、400年の伝統をもつ醤油製造をはじめ、特産の醤油を生かし戦後始まった佃煮製造、醤油とおなじく400年の伝統をもつ手延べ素麺などの食品工業が中心です。

また、大坂城築城の際、石垣として使用されたことでも有名な花こう岩が生産されており、古くから「石の島」として知られています。

別名「オリーブ・アイランド」とも呼ばれる小豆島は、数多くの観光スポットを有し、観光産業やオリーブオイルをはじめとしたオリーブ製品の製造も盛んです。

農業では、初夏の甘酸っぱい風味であるスモモ(レットスター)や晩夏から初秋にかけての電照菊が有名です。電照の灯で染まった街並みは格別の美しさです。

漁業では、瀬戸内海の複雑な地形から多種多様かつ新鮮な魚介類が水揚げされ、味も格別です。

ページの先頭へ

特産物

オリーブとハーブ製品

オリーブとハーブ製品

オリーブ・アイランドと呼ばれるとおり小豆島には欠かせない名産です。温暖な気候と豊かな風土に育まれて年々その収穫を増やし、最近ではハーブも栽培されています。小豆島ではオリーブオイルをはじめ、食品から化粧品までたくさんの種類のオリーブ・ハーブ製品を製造・販売しています。

ページの先頭へ

手延べ素麺

手延べ素麺

そのおいしさからあまりにも有名で全国三大産地の一つになっている小豆島手延べ素麺。

小豆島で素麺が造られだしたのは戦国時代の終わり頃ですが、400年後の今も昔と変わらぬ製法をかたくなに守り続けています。自然の味をぜひどうぞ。

ページの先頭へ

佃煮

佃煮

戦後まもなくの1945年に始まった小豆島の佃煮産業は、現在は全国有数の佃煮産地へと成長しました。北海道産の昆布や瀬戸内の海苔を、島自慢の醤油の旨みを生かして加工された小豆島の佃煮は、広く全国的に知られており、高い評価を得ています。

ページの先頭へ

醤油

醤油

小豆島で醤油産業が産声を上げたのは約400年前。以来、ひとつひとつ吟味を重ねた良質の大豆と小麦を材料に、じっくり醸造される小豆島の醤油は、一大産地として有名になりました。近年では、現代の食生活に合わせた新しい調味料づくりも行われています。

ページの先頭へ

電照菊

電照菊

電照菊は、昭和25年に試作に成功し、台風の被害などを乗り越え、多品種の導入など努力を続け、50年を超える歴史を積み重ねてきました。かつては、全国三大産地の一つと言われ、優れた品種を多く生み出し、全国的にも高い評価を得ています。また電照の灯で染まった町並は、格別な風情があり、息をのむ美しさです。

ページの先頭へ

すもも

すもも

すもも(レットスター)は昭和初期から栽培されている小豆島町の特産品です。初春にピンク色の可憐な花をつけ、初夏に真っ赤な甘酸っぱい実をつけます。甘酸相和したソフトな風味で、そのまま食べてもおいしいですが、小豆島町ではすももを使ったジュース・ワイン・アイスクリームも販売しており好評です。

ページの先頭へ

石材産業

採掘場

鎌倉時代から行われてきた採石が本格化したのは、豊臣秀吉が大坂城を築城した際、石垣として使用されてからです。明治以降は洋風建築などの用途が広がり一躍名をあげました。

小豆島の北東部にある福田地区付近では花こう岩を切り出している切り立った山を見ることができます。

ページの先頭へ

魚介類

多くの種類の魚介類が獲れます

瀬戸内海は複雑な地形や川が多く流れこむことによって魚のエサになるプランクトンが豊富なことから、非常に多くの種類の魚介類が獲れます。非常に新鮮で、味も格別です。

また、近年は漁礁の設置や稚魚・稚貝の放流により、つくり育てる漁業への転換も図られています。

ページの先頭へ