各課の紹介とお知らせ

大坂城石垣と石切丁場シンポジウムの開催について

いよいよ大坂で!世界に誇る大坂城石垣と瀬戸内の石切丁場の物語をお届けします

 
 ご好評につき、定員に達しました。
 現在、キャンセル待ち受付中です。

  ※定員に空きが出た場合、先着順にご案内します。


 小豆島では石にまつわるシンポジウムを行ってきました。大坂城石垣石切丁場跡や猪鹿垣、棚田、そして小豆島の地質まで、多岐にわたるテーマについて専門家を交え語り合ってきました。
 今年は、大坂城石垣に再度スポットをあて、小豆島以外の石切丁場の歴史や魅力についても情報共有を図り、壮大な石の物語をみなさんと共有していく場を設けました。東瀬戸内文化圏の石の文化の魅力を高め、発信していきます。

 タイトル 大坂城石垣と石切丁場シンポジウム
       ~世界に誇る屈強な大阪城石垣と瀬戸内の石切丁場の物語~
 日  時 平成30年2月10日(土)
     12時50分~16時20分
     (開場:12時30分)
 場  所 大阪歴史博物館 講堂
 入場料 無 料
 主  催 小豆島町、西宮市教育委員会
 共  催 土庄町
 後  援 大阪市、茨木市、丸亀市教育委員会、笠岡市

○シンポジウム日程(敬称略)
 12時50分~
   開会 主催者あいさつなど
 13時~
   基調講演
   「大坂城を支えた石-城郭史上最強の石垣-」
    中井 均(滋賀県立大学 人間文化学部 地域文化学科 教授)
 13時55分~
   調査活動報告
   ①「大坂城石垣の産地、東六甲石丁場跡の調査報告
                −佐賀藩鍋島氏に思いをはせて−」
    森下 真企(西宮市教育委員会文化財課 学芸員)
   
   ②「石切りの技術を未来に伝える鍛冶仕事」
    藤田 精(高尾石材(株))
    川宿田 好見(「世界遺産化」対策室学術専門員)

   ③「丸亀市指定史跡塩飽本島町高無坊山石切丁場跡について」
    東 信男(丸亀市教育委員会総務課文化財保護室長)

   ④「重なるふたつの大坂城-発掘調査成果から-」
    市川 創(大阪府教育庁文化財保護課技師)
 15時25分~
   フリーディスカッション
    パネリスト:中井均、森下真企、藤田精、東信男、市川創
    コメンテーター:橋詰茂(徳島文理大学教授)
             塩田幸雄(小豆島町長)
    コーディネーター:川宿田好見
 16時20分
   閉会

○申し込み方法
~会場へ直接お越しの方~
 申込用紙に必要事項を記入の上、企画財政課へメールまたはファックスしてください。
 申込締め切り 平成30年1月31日(水) 
  • 申込用紙(クリックするとダウンロードできます。)

~島内からバスで参加される方~
 島内の方を対象に小豆島から会場の大阪歴史博物館を往復するシンポジウム参加バスを運行します。
 希望される方は、専用の申込用紙に必要事項を記入の上、企画財政課へメールまたはファックスしてください。
 参加費  5,000円(当日集金させていただきます)
      (交通費、昼食、夕食(お弁当)、保険料含む)
 定  員  40名(定員になり次第締め切ります)
 発着場所 土庄町役場、イマージュセンター、オリーブナビ小豆島、
       旧内海庁舎、福田港
 申込締め切り 平成30年1月19日(金)
 スケジュール案
  6時30分  土庄町役場から各発着場所
  7時50分  福田港発
  11時30分  大阪歴史博物館着
  11時45分  昼食(博物館内レストラン)
  16時35分  大阪歴史博物館出発
  19時30分  姫路港発
  21時10分  福田港着 各発着場所で解散
  • 申込用紙(クリックするとダウンロードできます。)

大坂城石垣と石切丁場
シンポジウム
(クリックすると拡大できます)


豆腐石丁場
(岩谷)



高無坊山石切丁場
(丸亀市本島)



東六甲石丁場
(兵庫県西宮市)



大坂城石垣
(大阪府大阪市)


問い合わせ先

 小豆島町企画財政課 TEL0879-75-1800 FAX0879-75-1500
                olive-kikaku@town.shodoshima.lg.jp

ページの先頭へ