各課の紹介とお知らせ

子育ち共育課

小豆島町では、親が子どもを育てる「子育て」とともに、子ども自らの力ですくすく育つという想いを込めて『子育ち』という言葉を使っています。急速な少子高齢化など、たくさんの課題がありますが、「子育てって楽しい!」「小豆島で子育てしたいな♪」と思っていただけるよう、また、子どもたちにとって誇るべき、魅力いっぱいのふるさとであり続けるよう、子育て・子育ち施策に取り組んでいます。
健やかな子どもの成長には、地域のみなさんの協力も必要です。
すべての子育ち家庭を地域ぐるみで応援しましょう!


12月6日(水)子育ち応援講座☆1/27(土)開催☆
       「みんなで楽しむバレンタインの集い」参加者募集中!
※1/17(水)締切
 
       子育ち通信12月号を掲載しました(^^)
        地域子育て支援拠点・すくすくひろば、わくわくランドの12月のおたよりを掲載しました★


\クリックすると、知りたい情報へ移動するよ♪/


情報発信

町では、さまざまな子育ちの取り組みを行っています。毎月発行している「子育ち通信」や、町の子育ちの流れをまとめた「子育ちガイドブック」などをつかって、島の魅力を活かした子育ちの情報を発信しています。

子育ち通信

毎月、子育ちに関する行事や取組みを紹介したり、町内の幼稚園・保育所・認定こども園の活動をレポートしています。
子育ち通信12月号 (4.48MB) \NEW/
≪平成29年度≫
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月
≪平成28年度≫
3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 

≪平成27年度≫

3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月

ページの先頭へ

子育ちガイドブック

「こんな制度があるなんて知らなかった」「出産後の手続きって大変」など、子育ち中のみなさんからよくお聞きします。そこで、子育ちに関する情報を広く知っていただくために『小豆島町子育ちガイドブック』をつくりました。みなさんの子育ちの参考にしてください。
・プレスリリースはこちら

≪平成29年度子育ちガイドブック≫
一括ダウンロード(31.7MB)※パソコン推奨

★分割ダウンロード
@表紙/目次 1p〜3p
A妊娠/仕事と出産 4p〜9p
B赤ちゃん誕生 10p〜14p
C子育ち支援 15p〜22p
D幼稚園と保育所と認定こども園 23p〜31p
E小学校と中学校 32p〜37p
F高校から大学までの経済支援 38p〜39p
G障がい福祉について/ひとり親家庭のために 40p〜43p
Hそのほか 44p〜51p
 〇町子育ちマップ 52p〜53p
 〇U・I・Jターンについて/各種相談窓口/裏表紙 54p〜56p

ページの先頭へ

子育ち掲示板

毎月発行している町の「広報しょうどしま」内で子育ちに関するあれこれを紹介しています。
≪平成29年度≫
9月 8月 7月 6月 5月 4月
≪平成28年度≫
3月 2月 1月 12月 11月 10月 9月 8月

「広報しょうどしま」はこちら

ページの先頭へ

小豆島町すくすく子育ち応援アクションプラン

待機児童や子育てをめぐるさまざまな課題を解決するため、平成24年8月に「子ども・子育て支援法」という法律ができました。この法律と、関連する法律に基づいて、幼児期の学校教育や保育、地域の子育ち支援の量の拡充・質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」が平成27年4月に本格スタートしました。
町では急速な少子高齢化が進んでおり、それにともない島の魅力ある自然・伝統・文化・産業・絆の継承が困難になりつつある現状をふまえ、未来を担う子どもたちが夢や誇りを持ち健やかに育つこと、島の宝物を守るために、平成27年3月に≪小豆島町すくすく子育ち応援アクションプラン≫を策定しました。

アクションプランの内容

アクションプランは平成27年度から31年度までの5か年計画です。現時点で必要と思われる施策を掲げていますが、すべてを網羅したものではありません。毎年度進捗状況の確認と計画の追加・修正を行いながら取り組んでいます
小豆島町すくすく子育ち応援アクションプランver.6(6.57MB)

アクションプランをつくるにあたり、平成26年1月から2月にかけてニーズ調査を行いました。
ニーズ調査の結果

ページの先頭へ

ベビーサロン・健診

子育ち共育課では、幼稚園や保育所などの業務だけでなく、乳児と一緒に遊びに行けるベビーサロンや5歳児健診などの業務も行っています。

ベビーサロン

乳児と保護者を対象に、小豆島産のオリーブオイルを使ったベビーマッサージを行っています。栄養士などに相談したり、参加者同士で交流する時間も設けられています。毎月1回、池田地区のイマージュセンターで行っていますので、気軽に遊びに来てください。
対象:赤ちゃんとその保護者
時間:10:00〜12:00
場所:イマージュセンター
持ち物:タオルケット(マッサージを行う際に敷きます)
日程:

≪平成29年度≫
12/22(金)・1/26(金)・2/23(金)・3/23(金)
※日程は変更になる場合があります。

・乳幼児健診などの予定表はこちら

ページの先頭へ

5歳児健診

3歳児健診と就学時健診の間に、子どもたちが健やかに成長発達し小学校生活を迎えられるよう、町独自で5歳児健診を行っています。

≪平成29年度≫ 
終了しました。

・乳幼児健診などの予定表はこちら

ページの先頭へ


就学時健診

就学時健診は「学校保健安全法」という法律に基づいて、翌年4月に小学校へ入学するお子さまを対象に行っている健診です。健診は、保護者同伴のもと入学予定の小学校で実施しています。

≪平成29年度≫ 
終了しました。

ページの先頭へ

地域子育て支援拠点

乳児とその保護者が一緒に遊びに行くことができて、他の親子と交流したり、専任の職員に気軽に相談ができる場所です。保護者同士が知り合って、育児や家事、地域の子育ち情報を交換することができます。開放時間内であればいつでも利用できます。町内には2つの拠点施設があります。
すくすくひろば(小豆島こどもセンター内)
開放時間:毎週月曜〜金曜日9:00〜14:00
すくすくだより(12月)\NEW/
≪平成29年度≫
11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

〒761-4302

香川県小豆郡小豆島町蒲生甲1805番地1
電話:0879-75-1433
FAX:0879-75-1435


わくわくランド(せいけんじこども園内)
開放時間:毎週月〜土曜日9:30〜15:30(木曜日は15:00まで)
     日曜日10:00〜12:00(月2回開放)
わくわくランドだより(12月)\NEW/
≪平成29年度≫
11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

〒761-4432
香川県小豆郡小豆島町草壁本町395番地
電話:0879-82-4228

ページの先頭へ

一時預かり

保護者の傷病・入院、介護、育児疲れなどにより、家庭において保育を受けることが一時的に困難になったお子さまをお預かりしています。町内には、3つの一時預かり施設があります。
[公立]
小豆島こどもセンター

対象:満1歳より可能
利用時間:月〜金曜日8:30〜16:30(休園日・年末年始を除く)
利用に関する要綱

≪申込みに必要な書類≫
利用申込書
※ご利用の3日前までにお申し込みください。

〒761-4302
香川県小豆郡小豆島町蒲生甲1805番地1
電話:0879-75-1433
FAX:0879-75-1435

[私立]
せいけんじこども園(社会福祉法人清見福祉協会)
対象:生後5か月より可能
利用時間:月〜金曜日8:30〜16:30(休園日・年末年始を除く)

そのほかの時間帯についてはご相談ください。
※ご利用の2日前までにお申し込みください。

利用案内
≪申込みに必要な書類≫

利用申込書
・児童登録票

〒761-4432
香川県小豆郡小豆島町草壁本町395番地
電話:0879-82-4228

[NPO法人]
リトル・ビーンズ(特定非営利活動法人)
対象:乳幼児、小学生
利用時間:月〜金曜日9:00〜17:00
(休業日8/13〜8/15、12/29〜1/3)

夜間(19時以降)の預かりも行っています。そのほかの時間帯についてはご相談ください。
※事前登録していただいたうえで、ご利用の2日前までにお申込みください。

利用案内
≪申込みに必要な書類≫

利用申込書
夜間利用申込書 ※夜間(19時以降)利用の方のみ
児童登録票
※はじめて利用される方は、@保護者の身分証明書(免許書の写しなど)A利用されるお子さまの健康保険証の写しをあわせて提出してください。

〒761-4426
香川県小豆郡小豆島町馬木甲1040番地3
電話/FAX:0879-82-6618

ページの先頭へ

病児・病後児保育

病気の回復期に至っていなかったり、回復期であることにより、集団保育が困難であり、かつ、保護者の勤務等の都合により家庭で保育が困難なお子さまをお預かりしています。町内には、1つの病児・病後児施設があります。

病児・病後児保育

病児・病後児保育室オリーブキッズ(小豆島中央病院内)
対象:生後6か月〜おおむね10歳になるお子さま
利用時間:月〜金曜日8:30〜17:00(祝祭日・年末年始を除く)
定員:4名程度
※母子健康手帳をお持ちください。
利用案内
≪申込みに必要な書類≫

登録申込書
利用申し込み

〒761-4301
香川県小豆郡小豆島町池田2060番地1
電話:0879-75-1121
FAX:0879-75-1131

ページの先頭へ

そのほか

そのほか子育ちに関するさまざまな取り組みを行っています。

小豆っこ誕生プロジェクト事業

町で生まれる子どもの誕生に感謝し未来を応援したいという想いから、出生祝いの贈り物『小豆っこ誕生プロジェクト』と題し、生まれた赤ちゃんへ木箱とグリーティングカードを贈呈しています。
この取り組みは、平成27年度から行っており、町と縁のある島内外のアーティスト、クリエイター、団体が一緒に制作しています。
・詳しくはこちら
・プレスリリースはこちら

ページの先頭へ

子育ち応援モデル事業

子どもの教育・発育に関する先進的でユニークな取り組みを行う個人や団体に対して補助金を交付し、子どもが健やかに育つ環境と幼児教育の質の向上を目指す取り組みを毎年募集をかけ行っています。
・詳しくはこちら

ページの先頭へ

オリーブの島保育合宿事業

平成25年度より香川大学教育学部と連携して行っている取り組みで、学生が町内の各保育施設に入り、子どもたちと触れ合いながら職員と情報交換する保育実習や、学生自らが考えた遊びの場を親子に提供するイベントを2日間にわたって開催しています。
「わくわくあそびランド」を今年も開催しました!

ページの先頭へ

出会いの輪創出事業

子育ち以外にも結婚促進を目的とした、出会いの場を提供する「出会いの輪創出事業」に取り組んでいます。小豆島町、土庄町、両町商工会と一緒に小豆島えんむすび実行委員会を構成し、イベントの企画・運営を行っています。

ページの先頭へ

子育ち応援講座事業

みんなで子育ちに関わりながら、子どもも大人も共に学び、楽しみながら自らの力で育っていく「子育ち」を応援するお子さまと保護者参加型の講座やワークショップを定期的に企画・開催しています。
・1/27(土)開催☆「みんなで楽しむバレンタインの集い」参加者受付中!
※1/17(水)締切

ページの先頭へ

問い合わせ先

  • 子育ち共育課

    電話:0879-82-7010
    メール:olive-kosodachi@town.shodoshima.lg.jp