各課の紹介とお知らせ

小豆島産業振興・環境技術会議を設置しました

  小豆島町では次のとおり「小豆島産業振興・環境技術会議」を設置し、食品産業における技術革新・環境技術に関する研究開発をリードすることにより、食品産業の飛躍、発展を目指します。

  小豆島の代表産業である醤油産業は、文禄年間ごろ始まったとされています。
  明治34年には小豆島醤油製造同業組合が組織されましたが、醸造技術はまだ原始的な方法によっていたため、科学的研究の導入を企画し、明治38年に組合立醸造試験場を開設して品質の向上を図りました。
 その後、明治43年には試験場は県立に移管され、現在は発酵食品研究所と改称され醤油のみならず小豆島の食品産業技術を牽引しています。
  このように、先人が力を傾注した食品産業技術の重要性に鑑み、技術革新、環境技術に関する研究開発を推進し、発酵食品研究所を中心とした食品産業研究機関の拠点創造を目指して、産・学・官がより有機的に連携するためのコーディネートを行う「小豆島産業振興・環境技術会議」を平成22年9月13日付けで設置しました。
 ただ今、会員を募集いたしております。町内外、法人・個人を問わずどなたでもご参加いただけますので、ぜひご入会ください。

環境技術会議活動イメーシ
(クリックすると拡大できます)

問い合わせ先

小豆島町役場 商工観光課 電話0879−82−7007 FAX0879−82−7017

ページの先頭へ