暮らしのガイド

国民健康保険

問い合わせ先

  • 内海庁舎 健康づくり福祉課 国保係 電話:0879-82-7038
  • 池田庁舎 池田窓口センター 福祉係 電話:0879-75-0558

加入について

勤務先の保険に加入している方や生活保護を受けている方以外は、必ず国民健康保険に加入しなければなりません。また、国民健康保険に加入するとき、もしくは脱退するときは、14日以内に届出をしてください。

ページの先頭へ

届出の手続き

加入するとき

このようなとき 必要なもの
他市町村から転入したとき 印鑑、転出証明書
職場の健康保険をやめたとき
職場の健康保険の被保険者に該当しなくなったとき
印鑑、資格喪失証明書
子どもが生まれたとき 印鑑、被保険者証、母子手帳
生活保護を受けなくなったとき 印鑑、生活保護廃止通知書

ページの先頭へ

脱退するとき

このようなとき 必要なもの
他市町村へ転出するとき 印鑑、被保険者証
職場の健康保険に加入したとき
職場の健康保険の被扶養者になったとき
印鑑、国保と他の健康保険証の両方
死亡したとき 印鑑、被保険者証、死亡証明書
生活保護を受けるようになったとき 印鑑、被保険者証、生活保護決定通知書

ページの先頭へ

その他

このようなとき 必要なもの
退職医療制度の対象になったとき 印鑑、被保険者証、年金証書または年金期間を証明する書類
住所、世帯主、氏名等が変わったとき 印鑑、被保険者証
保険証をなくしたとき 印鑑、身分を証明するもの
修学のため子どもが他の市町村に住むとき 印鑑、被保険者証、在学証明書
長期旅行などで別個の保険証が必要なとき 印鑑、被保険者証

ページの先頭へ

第三者行為による届出について

交通事故などの第三者の行為によって生じたケガなどを、国民健康保険を使って治療する場合は、届出が必要となります。
  第三者の行為によって受けた傷病の医療費は、原則として加害者が全額負担すべきものです。国民健康保険を使って治療を受けた場合、加害者が支払うべき医療費を国民健康保険が一時的に立て替え、あとからその費用を加害者に請求することになります。

○示談をする前に

  加害者との話し合いの結果、示談が成立するとその内容が優先されるため、国民健康保険で立て替えた医療費を加害者に請求できなくなる場合がありますので、示談は慎重にしてください。示談をする場合は、事前にご連絡をいただくとともに、示談成立の場合は、速やかに示談書の写しを提出してください。

○届出に必要なもの


 ・国民健康保険被保険者証
 ・印鑑
 ・治療を受けた被保険者のマイナンバーカードまたは通知カード
  ※通知カードの場合は、本人確認書類(運転免許証等)
 ・来庁する人の本人確認書類(マイナンバーカード・運転免許証など)
 ・第三者の行為による傷病届の様式 コチラ(香川県国民健康保険団体連合会HP)

ページの先頭へ

国民健康保険税の納付について

国民健康保険税の納付場所、取扱い金融機関、口座振替等については、町民税と同じになります。なお、国民健康保険税率は医療費、老人保健拠出金、介護納付金などを算出し、そこから国庫補助金等を除いた額から算定します。そのため、医療費の支出が増えると、その支出にあてる財源を確保しなければならなくなるため、税率を見直す必要が出てきます。

ページの先頭へ

療養の給付

国民健康保険を取り扱っている医療機関で、被保険者証を提示すると、医療費の7割(注:8割または9割)を国民健康保険が負担します。
 退職者医療保険制度についても7割(注:8割または9割)を国民健康保険が負担します。
※入院したときの食事代が、定率負担のほかにかかります。
(注)小学校入学前は8割、高齢受給者は7割または9割

平成19年4月からの国民健康保険制度改正について

70才未満の方の入院に係る高額療養費の現物給付化のお知らせ

70歳未満の方が平成19年4月から事前に国民健康保険限度額適用認定証の交付を受けると、一定の自己負担限度額を医療機関に支払うことで済むようになります。
※70歳以上の方の一医療機関における入院に係る高額療養費については既に現物給付化されています。

ページの先頭へ