暮らしのガイド

戸籍・住民登録

問い合わせ先

  • 内海庁舎 住民課 戸籍住民係 電話:0879-82-7004
  • 池田庁舎 池田窓口センター  電話:0879-75-0557
  • 三都出張所 電話:0879-76-0262
  • 橘出張所 電話:0879-82-2015
  • 坂手出張所 電話:0879-82-0248
  • 福田出張所 電話:0879-84-2050

戸籍に関する届出

戸籍は、人が生まれてから一生を終えるまでの身分関係(親子・夫婦等)を登録し、それを証明する唯一のものです。戸籍の記載は届出により行われますので、変更があるときは速やかに届け出てください。

ご注意

  • 戸籍の届出は、夜間及び休日の場合でも内海、池田庁舎で受付しています。ただし、届出に不備がある場合は、後日窓口に来ていただくことがありますので、ご了承ください。

出生届

届出期間:生まれた日から14日以内

届出に必要なもの
  • 出生届書(出生証明書の記載があるもの)
  • 届出人の印鑑
  • 母子健康手帳

届出人は、原則として生まれた子の父母です。

ページの先頭へ

婚姻届

届出期間:届出により法律上の効力が発生します。

届出に必要なもの
  • 婚姻届書
  • 戸籍謄本(小豆島町に本籍のない方)
  • 夫・妻両人の印鑑(届書に押印したもの)
  • 届書を持参した方の官公署発行の顔写真入り身分証明証(運転免許証・パスポート等)

当事者・証人2名(成人)の署名押印が必要です。

未成年者は父母の同意が必要です。

ページの先頭へ

死亡届

届出期間:死亡の事実を知った日から7日以内

届出に必要なもの
  • 死亡届書(死亡診断書の記載があるもの)
  • 届出人の印鑑

ページの先頭へ

離婚届

届出期間:届出により法律上の効力が発生します。

裁判離婚の場合は調停成立・審判確定・判決確定から10日以内

届出に必要なもの
  • 離婚届書
  • 届出人の印鑑(それぞれ別の印鑑)
  • 戸籍謄本(小豆島町に本籍のない方)
  • 調停の場合は調停調書、審判判決の場合は審判書と確定証明書
  • 届書を持参した方の官公署発行の顔写真入り身分証明証(運転免許証・パスポート等)

協議離婚の場合は、当事者・証人2人(成人)の署名押印が必要です。

夫婦間の未成年の子については親権者を定めてください。

ページの先頭へ

転籍届

届出期間:届出により法律上の効力が発生します。

届出に必要なもの
  • 転籍届書
  • 届出人の印鑑(それぞれ別の印鑑)
  • 戸籍謄本(町内転籍の場合は不要)

ページの先頭へ

住民登録

皆さんに、小豆島町の住民であることを届けていただき、その内容を記載し、世帯ごとに編成されたものを住民基本台帳といいます。

住民基本台帳は、居住関係の公証、選挙、国民健康保険、国民年金など、行政全般にわたって基本となるものですので、正確に届出をしてください。

転入届(町内に引越してきたとき)

届出期間:転入した日から14日以内

届出に必要なもの
  • 転出証明書(前住所地の市区町村長が発行したもの)
  • 届出人の印鑑と官公署発行の顔写真つき身分証明証(運転免許証、パスポート等)
  • 国民年金手帳(加入者のみ)
  • 介護保険受給資格証明書(該当者のみ)              
  • 後期高齢者医療被保険者証(該当者のみ)           
  • 住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)           
  • 在留カード又は特別永住者証明書(外国人のみ)
  • 通知カード又は個人番号カード

ページの先頭へ

転居届(町内で引っ越したとき)

届出期間:転居した日から14日以内

届出に必要なもの
  • 届出人の印鑑と官公署発行の顔写真つき身分証明証(運転免許証、パスポート等)
  • 国民年金手帳(加入者のみ)
  • 国民健康保険被保険証(加入者のみ)
  • 国民健康保険高齢受給者証(受給者のみ)
  • 後期高齢者医療被保険者証(該当者のみ)
  • 介護保険被保険者証(該当者のみ)
  • 住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)
  • 在留カード又は特別永住者証明書(外国人のみ)
  • 通知カード又は個人番号カード

ページの先頭へ

転出届(町外に引っ越しするとき)

届出期間:町外へ住所を移す日の14日前から住所を移す前日まで

届出に必要なもの
  • 届出人の印鑑と官公署発行の顔写真つき身分証明証(運転免許証、パスポート等)
  • 印鑑登録証(登録者のみ)
  • 国民健康保険被保険証(加入者のみ)
  • 国民健康保険高齢受給者証(受給者のみ)
  • 後期高齢者医療被保険者証(該当者のみ)
  • 介護保険被保険者証(該当者のみ)
  • 住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)
  • 個人番号カード(交付を受けている方のみ)

ページの先頭へ

世帯変更届(世帯や世帯主が変わるとき)

届出期間:変更があった日から14日以内

届出に必要なもの
  • 届出人の印鑑と官公署発行の顔写真つき身分証明証(運転免許証、パスポート等)
  • 国民健康保険被保険証(加入者のみ)

ページの先頭へ

住民票等の方書(かたがき)記載について

 現在の住民票等に記載している番地までの住所表示では、アパートなどの集合住宅に住んでいる場合、同じ番地に複数の世帯が存在することになり、郵便物が正確にお届けできない事例等が生じております。これらを解消し、より正確な住所とするために、アパートなどの集合住宅名および居室番号表示「方書(かたがき)」を住所の一部として平成25年4月1日から住民票等に記載ができるようになりました。

【住民票記載例】
現  行  住 所  小豆島町安田甲144番地90
変更後  住 所   小豆島町安田甲144番地90 ○○アパート▽▽▽号
                                    ↑
                           こちらの方書部分を記載することになります。
対象者
 アパートなど集合住宅等にお住いの方
申請方法
 住民異動(転居など)と同じ手続きになります。住民課または池田窓口センターで住民異動届に記入してください。
申請人
 世帯主または同一世帯の方
 (※代理で同一世帯でない方が申請される場合は、委任状が必要です。)
手続きに必要なもの
 1.本人確認ができる書類(運転免許証、住民基本台帳カードなど)
 2.印鑑

※ご注意ください 
1.方書の記載申請をされない方は、方書は記載されません。
2.方書の記載申請を希望する方で、平成25年4月1日より前に発行された公的個人認証サービス(電子証明書)をお持ちの方はあらかじめお問い合わせください。
3.住民票の住所に方書を記載した場合、金融機関や免許証等の住所変更が必要な場合があります。

問い合わせ先
           小豆島町役場 住民課 戸籍住民係 82-7004
                     池田窓口センター   75-0555

ページの先頭へ

                    

住民票等各種証明

住民票の写しの交付申請      

請求できる方
   本人もしくは本人と同一世帯の方
   代理人の場合は委任状が必要
    
交付手続きに必要なもの
   ・申請者の認印
   ・申請者の本人確認書類
       窓口に来た人について、官公署が発行した運転免許証などの顔写
       真付きのものは1点、写真付きのものがない場合は、健康保険の被保
       険者証と年金手帳など複数の書類で本人確認をさせていただきます。
   ・委任状(本人及び同一世帯以外の方が代理人として申請する場合)

   ※ご注意…第三者が請求する場合は、本人のプライバシーを保護するため、
          請求の理由や使用目的によっては交付できないときがあります。

郵送による住民票・戸籍謄本、抄本の請求方法について
委任状の様式ダウンロード(PDF形式61KB

ページの先頭へ

戸籍謄本・抄本などの交付申請

請求できる方
   ・戸籍に記載されている人、又はその配偶者、
   ・戸籍に記載のある人の直系尊属(父母や祖父母)、卑属(子や孫)
    ※代理人の場合は委任状が必要
    
交付手続きにに必要なもの
   ・申請者の認印
   ・申請者の本人確認書類
      窓口に来た人について、官公署が発行した運転免許証などの顔写真
      付きのものは1点、写真付きのものがない場合は、健康保険の被保険
      者証と年金手帳など複数の書類で本人確認をさせていただきます。
   ・委任状(本人及び同一世帯以外の方が代理人として申請する場合)

   ※ご注意…第三者が請求する場合は、本人のプライバシーを保護するため、
         請求の理由や使用目的によっては交付できないときがあります。
 
郵送による住民票・戸籍謄本、抄本の請求方法について
委任状の様式ダウンロード(PDF形式61KB)

ページの先頭へ

第三者(法人等)請求について(お願い)   

請求する際に次の事項を明らかにすることが必要です。
   (1)法人名
   (2)代表者または支配人の氏名
   (3)主たる事業所の所在地(本店・支店・営業所・事業所を含む)
   (4)法人の代表者印の押印
   (5)請求の任に当たっている者の氏名・住所
   (6)対象者の氏名・住所、又は筆頭者の氏名・本籍
   (7)利用の目的
    ・権利または義務が発生する原因となった具体的事実(誰と誰がいつ何をどうした)
    ・権利または義務の内容の概要(未返済の○○万円を請求など、権利・義務の内容を具体的に)
    ・記載事項の利用と具体的な関係(記載事項により何を確認するのか)

請求の任に当たっている者の本人確認ができる書類が必要です。
    ・運転免許証など官公署が発行した写真付きの免許証
    ・代表者または支配人の資格を証する書面原本(登記事項証明書など)
    ・代表者または支配人以外が請求の任に当たっている場合は、社員証または
     代表者(支配人)が作成した委任状が必要です。

疎明資料を提出してください。
    疎明資料をコピーで提示する場合は、原本証明したものを提出してください。
    ※提出していただいた書類は返却しません。
    ※疎明資料とは、債権債務関係等の利害関係を明らかにする書類です。
      (契約書の写し、賃借管理台帳等が該当します。)
    ※契約後、債権者や会社名が変更されている場合は、債権譲渡契約書の写し、
      又は委託契約書の写しも必要です。

ページの先頭へ

主な証明の手数料

戸籍・住民記録に関するもの

戸籍に関するもの
種類 単位 手数料
戸籍の全部または個人事項証明(戸籍謄抄本) 1通 450円
戸籍記載事項証明 1通 350円
除籍の全部または個人事項証明(除籍謄抄本、改製原謄抄本) 1通 750円
除籍記載事項証明 1通 450円

ページの先頭へ

住民基本台帳など
種類 単位 手数料
住民票の写し(世帯) 1通 400円
住民票の写し(一部・除票) 1枚 300円
住民票記載事項証明 1枚 300円
住民基本台帳の閲覧 1件 300円
戸籍の附票の写し 1通 300円
住民基本台帳カード(交付・再交付) 1枚 500円
電子証明書(交付・再交付等) 1件 500円

ページの先頭へ

印鑑
種類 単位 手数料
印鑑登録証明 1通 300円
印鑑登録証の初回交付 1件 100円
印鑑登録証の同一人の2回目以降の交付 1件 300円

ページの先頭へ

その他
種類 単位 手数料
船員手帳の交付、書換え 1件 1,950円
船員手帳訂正 1件 430円
船員法第19条の報告書の証明 1件 2,600円

ページの先頭へ

印鑑登録・印鑑証明

日常生活の中で、不動産登記・車の購入など、幅広く使用されている印鑑は、公に立証するため、実印として登録されます。

登録できる方

小豆島町に住民登録をしている満15歳以上の方です。
  ただし、成年被後見人は登録ができません。

登録できない印鑑
  • 同じ世帯ですでに登録済みの印鑑
  • 氏名以外の表示のあるもの
  • ゴム印その他変形しやすい材質のもの
  • 一辺の長さが8mmより小さく、25mmより大きいもの
  • 摩滅またはき損しているもの、印影が鮮明でないもの
登録方法について
 登録方法には、本人が登録する方法と代理人により登録する方法があります。

本人が登録申請する場合

 3通りの方法があります
  1. 登録する印鑑と官公署発行の顔写真付き身分証明証(運転免許証やパスポート等)を持参して申請する。
    →印鑑登録証明書は即日交付できます。
  2. 登録する印鑑のみを持参して申請する。
    →本人の意思確認のため、本人宛に「照会・回答書」を郵送し、「回答書」を持参していただいてから登録しますので、2〜3日必要です。
  3. 保証人の保証を受けたうえ、登録する印鑑を持参して申請する。
    (保証人の保証とは、小豆島町で印鑑登録をしている人が、印鑑登録申請書の保証人の欄に、自署し、登録印を捺印することです。)
    →印鑑登録証明書は即日交付できます。

ページの先頭へ

代理人が登録申請する場合

登録する印鑑と代理人の印鑑を持参してください。
  • 本人の意思確認のため、本人宛に「照会・回答書」を郵送し、本人が自署・捺印した「回答書」を持参していただいてから登録しますので、2〜3日必要です。
    「回答書」を持参する際には、持参する方の身分証明証(運転免許証やパスポート・健康保険証等)が必要です。

ページの先頭へ

印鑑登録の廃止
本人が廃止申請をする場合
印鑑登録証、登録している印鑑、身分証明証(運転免許証やパスポート・健康保険証等)を持参してください。
代理人が廃止申請をする場合
委任状(登録されている印鑑を押印)、印鑑登録証、登録している印鑑、代理人の身分証明証(運転免許証やパスポート・健康保険証等)を持参してください。
その他
印鑑登録証や登録している印鑑を紛失した時は、すぐに届出をしてください。

ページの先頭へ

印鑑証明

  1. 本人の場合は、印鑑登録証(手帳)のみ。
  2. 代理人の場合は、請求者の印鑑登録証と代理人の印鑑を持参してください。

ページの先頭へ

外国人住民のみなさまへ

平成24年7月9日住民基本台帳法が改正されました。
  平成21年7月15日に外国人住民の方々の利便性の向上や市町村などの行政の合理化を図ることを目的として「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が公布され、平成24年7月9日から施行されました。同時に外国人登録法は廃止となりました。
  また、平成25年7月8日から外国人住民の方に対し、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の運用が開始されることとなりました。それに伴い外国人住民の方にも住民票コードが付番され、住民基本台帳カード等のサービスを受けることができるようになりました。

どのように変わった?

○外国人登録法が廃止され、外国人住民の方が住民基本台帳法の適用対象となりました。


 ⇒ 外国人住民の方にも住民票が作成され、平成25年7月8日から住民票コードが付番されました。
  
   日本人住民同様に外国人住民についても世帯ごとの住民票に編製されます。    
   日本人と外国人で構成される世帯について、世帯全員が記載された住民票の
   写し等が発行できるようになります。

 ⇒ 住民票の作成対象者は?

   住民票を作成する外国人住民の対象者は、適法に3か月を超えて在留する外国人
   で日本国内に住所を有する人です。
    ◎ 中長期在留者(在留カード交付対象者)
    ◎ 特別永住者
    ◎ 一時庇護許可者又は仮滞在許可者
    ◎ 出生による経過滞在者又は日本国籍喪失による経過滞在者

    短期滞在者、在留資格がない人は対象とはなりません。

 ○住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けることができるようになりました。   
 ⇒ 住基カードはセキュリティに優れたICカードで「写真付きカード」は公的な身分証明書としても使え、住基カードの交付を受けている方は、転入届の特例を受けることができます。また、住基カードに電子証明書を格納することで、電子証明書による本人確認を必要とする行政手続のインターネット申請ができるようになります。
 
    ※住基カードを申請して交付まで約2週間程度かかります。


 ○住民票の写しの広域交付を受けることができます。   

 〇入管法も改正され、外国人の方の利便性が向上します。    
 
 ⇒ 「在留カード」「特別永住者証明書」が交付されます
 外国人登録証明書が廃止され、「在留カード」又は「特別永住者証明書」が交付されます。「在留カード」は入国管理局、特別永住者証明書は市区町村の窓口で交付します。ただし、現在お持ちの「外国人登録証明書」については、下記の期間「在留カード」及び「特別永住者証明書」とみなされます(以下「みなし在留カード」又は「みなし特別永住者証明書」という。)ので、在留カード等が交付されるまでは、引き続きお持ちください。

 ⇒ 外国人登録証明書」が在留カード等とみなされる期間
 【特別永住者の方】
  現在お持ちの外国人登録証明書は、次回確認申請期間の始期まで有効です。   
  外国人登録証明書から特別永住者証明書への切換は、随時申請できます。   
  申請窓口はこれまでどおり小豆島町役場になります。

 【永住者の方】   
  16歳以上の方 ・・2015年(平成27年)7月8日まで  
  16歳未満の方 ・・2015年(平成27年)7月8日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで

 【特定活動】
  特定研究活動により「5年」の在留期間を付与されている方  
   16歳以上の方 ・・在留期間の満了日又は2015年(平成27年)7月8日のいずれか早い日まで
   16歳未満の方 ・・在留期間の満了日、2015年(平成27年)7月8日又は
               16歳の誕生日のいずれか早い日まで
 【それ以外の在留資格】   
   16歳以上の方 ・・在留期間の満了日
   16歳未満の方 ・・在留期間の満了日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで
 
  外国人登録証明書から在留カードへの切換は、地方入国管理局で申請します。

 ⇒外国人の方の届出の負担が少なくなります 

  これまでは、地方入国管理局で在留期間の更新や在留資格の更新等の手続き後、小豆島町役場で外国人登録の変更登録申請が必要でしたが、平成24年7月9日以後は、町役場に変更申請を行う必要がありません。   
 ただし、住所(住居地)変更・世帯変更の届出は必要となります。   
 各種届出につきましては、以下のとおりです。

【小豆島町から転出するとき】
  小豆島町役場で転出の届出を行ってください。「転出証明書」(国内への転出のみ) を交付します。海外に転出される場合、再入国許可を受けている場合であっても、転出の届出は必要です。届出には、届出人の本人確認ができる写真付の身分証明書が必要です。  
  なお、住基カードをお持ちの方は持参してください。
【小豆島町に転入するとき】
  転出地で交付された「転出証明書」(国内からの転入のみ)と「在留カード」又は「特別永住者証明書」(みなし在留カード、みなし特別永住者証明書、在留カード後日交付の証印のある旅券、でも可)及び「住基カード(お持ちの方のみ)」をお持ちのうえ、小豆島町役場で転入の届出を行ってください。このとき、転入先の世帯の世帯主が外国人住民である場合は、本人と世帯主との続柄を証明する公的な文書と翻訳文が必要となります。


※なお、「住基カード」の交付を受けている方は、転入届の特例を受けることができます。転出先の市区町村へ郵便等により転出届を行う場合は、転出証明書の発行を受けずに転入先の市区町村の窓口へ出向くことで転入届を行うことができます。

【小豆島町内で転居するとき】
 「在留カード」又は「特別永住者証明書」(みなし在留カード、みなし特別永住者証 明書、在留カード後日交付の証印のある旅券、でも可)及び「住基カード(お持ちの方のみ)」を持参のうえ、小豆島町役 場で転居の届出を行ってください。   
【世帯に変更がある場合】
 世帯主の変更や、世帯分離、世帯合併など世帯に関する変更が生じた場合は、小豆島町役場で世帯変更の届出を行なってください。届出には、届出人の本人確認ができる写真付の身分証明書が必要です。

法改正の詳細につきましては、下記ホームページをご覧ください。

ページの先頭へ

小豆島町住民票の写し等の第三者交付に係る本人通知制度について

☆平成27年7月1日から「本人通知制度」が一部改正されました。☆

 ○今回の改正により登録期間を廃止し、更新手続きが不要になりました。

 これまでは3年間の登録期間があり、期間満了時に更新の手続きが必要でしたが、改正後は、登録の廃止、登録内容に変更があったときのみ届出が必要です。
※すでに登録済の方については、更新手続きは不要です。
※登録内容に変更がある方は、変更の届出書が提出されていない場合、登録が廃止される場合がありますので、ご注意ください。

【本人通知制度とは】
 事前に登録した方の住民票の写しや戸籍謄抄本、戸籍の附票の写し等を、本人の代理人や第三者に交付した場合に、交付した事実について登録者本人に通知する制度です。

住民票の写しや戸籍謄抄本からは、個人情報を知ることができ、これが悪用されれば大変な人権侵害につながります。戸籍等の不正請求があとをたたず、近年、調査会社の依頼を受けて戸籍や住民票の写し等を大量に不正取得し、その情報を売買し、悪用された事件も発覚致しました。


 この本人通知制度により、住民票の写し等が第三者に交付されたことを本人が早期に知ることができ、不正取得による個人の権利の侵害防止に役立ちます。また、本人通知制度が周知されることで、不正請求の抑止につながります。

 
 この制度の利用は希望者に限るため、事前に登録が必要です。

小豆島町住民票の写し等の第三者交付に係る本人通知制度に関する要綱

【登録できる方】
  • 小豆島町に住民登録がある方(過去にあった方)
  • 小豆島町に本籍がある方(過去にあった方)
【受付場所及び受付時間】
  • 住民課
  • 池田窓口センター
  • 三都出張所
  • 橘出張所
  • 坂手出張所
  • 福田出張所
  • 受付時間 平日8:30〜17:15(休日に申込みはできません)
【必要書類】
  • 小豆島町本人通知制度登録申込書(様式第1号)
  • 申込みの際には、運転免許証等、本人確認書類が必要です。
【代理人による申込み】
  • 法定代理人による申込み

    申込書(様式第1号)、法定代理人の本人確認書類と戸籍謄本その他法定代理人の資格を証明する書類。ただし、本町の戸籍により確認できる場合は不要です。

  • 法定代理人以外の代理人

    申込書(様式第1号)、代理人の本人確認書類と委任状。

 
【郵送による申込み】
  • 疾病その他やむを得ない理由により直接申込みできない方、町外在住の方は、郵送による申込みができます。申込書、本人確認書類の写し、代理権を明らかにする書類を同封の上、申込みしてください。(様式第1号)
   
【登録の変更・廃止】
  • 転出、転籍等により、登録事項に変更が生じたときは届出(様式第3号)をしてください。住所の異動の届出や戸籍の届出とは別に、本制度の変更の届出が必要となります。
  • 登録の廃止をするときも届出が必要です。
  • 登録者が死亡、居住不明等により住民票等が消除されたときは、登録を抹消します。
【通知の対象となる証明書】
  • 住民票(除票を含む)の写し
  • 住民票(除票を含む)に記載をした事項に関する証明書
  • 戸籍の附票(除附票を含む)の写し
  • 戸籍(除籍を含む)謄抄本
  • 戸籍(除籍を含む)全部又は一部事項証明
  • 戸籍(除籍を含む)に記載をした事項に関する証明書      
【通知内容】
  • 交付年月日
  • 交付した住民票等の種別及び交付通数
  • 交付請求者の種別
【問い合わせ】
   住民課  戸籍住民係   пF0879-82-7004
【各様式のダウンロード】

ページの先頭へ

各窓口の取扱い業務

                        
取扱い
業務
住民課
(内海庁舎)
池田
窓口センター
(池田庁舎)
三都出張所 橘出張所 坂手出張所 福田出張所
戸籍届書受付 不可 不可 不可
戸籍謄抄本交付
住民異動届受付 不可 不可 不可
住民票の交付
印鑑登録
印鑑証明書の交付
埋火葬許可
本人通知制度
登録申込等の受付
船員法の届出 不可 不可 不可
税務関連証明書の発行 税務課
町税及び手数料の納付 税務課
住民課

ページの先頭へ