暮らしのガイド

ごみ収集車の火災が発生しています!


 平成29年12月15日(金)に行った燃やせないごみの定期収集の際、ごみ収集車のパッカー内で火災が発生しました。
 パッカー内部の積載物を取り出し、火災原因の特定作業を行ったところ、中身の残ったカセットボンベに何らかの原因で発火したのではないかと推測されます。
 ごみ収集車は、収集機能を全損しており、大規模な修理か、新規車両の調達が必要となりました。

   
 このような事故が発生すると、収集作業に遅れが出るだけでなく、復旧に時間と多額の費用を要します。また、人命に関わる危険性もあり、大変危険です。
 このような事故を未然に防ぐため、カセットボンベ、スプレー缶を出される際は、必ず中身を使い切り、穴を開けてから出してください。

カセットボンベ・スプレー缶の出し方

   

@中身(ガス)を必ず使い切る。
A屋外の風通しの良いところで穴を開ける。
 ※穴の開いていない場合は収集できません。
B燃やせないごみの指定袋に入れて出す。


問い合わせ先

  • 内海庁舎 環境衛生課        電話:0879-82-7008

ページの先頭へ