• 小豆島町とオリーブ
  • 見どころ
  • 特産品
  • イベント情報
  • 見学・体験施設一覧
  • 宿泊施設一覧
  • アクセス情報
  • お問い合わせ

新着情報

小豆島「醤の郷」ご当地グルメ・ひしお丼

島の食材てんこ盛り

醤の郷(ひしおのさと)

醤(ひしお)とは、食品を麹や食塩で発酵させた調味料や食品の総称で、その中でも、大豆を原料として発展したものが醤油です。
小豆島は400年の歴史をもつ、醤油の4大産地の一つです。

20件以上の醤油蔵や佃煮工場が現役で活躍中で、通りには醤油の香りが漂っています。
私たちは、江戸時代から続く醤油醸造所や明治、大正時代の醤油蔵が立ち並び、約90件の登録有形文化財や近代化産業遺産に認定された建造物が集積するこの場所を「醤の郷」と呼んでいます。

そんな醤油の産地、小豆島で「ひしお丼」が各お食事処やお宿で味わうことができます。

詳しくは小豆島町商工会HPで→http://www.olive.or.jp/food/hisiodon/

☆ひしお丼の条件☆

  • 「醤の郷」で作った醤油やもろみを使うこと
  • 小豆島の魚介、野菜やオリーブなど地元の食材を使うこと
  • 箸休めはオリーブか佃煮を使うこと


ページの先頭へ