• 小豆島町とオリーブ
  • 見どころ
  • 特産品
  • イベント情報
  • 見学・体験施設一覧
  • 宿泊施設一覧
  • アクセス情報
  • お問い合わせ

過去の新着情報

ホタルの郷  〜ホタルの幼虫〜

4月上旬(中山地区殿川)

「ホタルの郷」で知られる、小豆島町中山地区の殿川流域で、ホタルの幼虫が光りながら上陸し始めました。

日本の名水100選でもある湯船の水の湧き出る中山地区は里山の雰囲気を残すとてものどかなところです。その清流殿川は初夏になるとホタルが飛びかい、たくさんの人がホタルの姿を見ようと足を運びます。

次世代に美しい自然を残したいという思いで、地域の人が中心となって立ち上げた会「一粒の種」がホタルの養殖や放流、川の清掃活動などを熱心に取り組んでいます。

8月〜2月、ホタルの幼虫を地元小学生らが放流。水中で大きくなったホタルの幼虫が、水から出て土の中にもぐるために、発光しながらゆっくりと上陸します。
その後、土繭をつくり、サナギへ、そしてホタルの成虫となって、初夏の夜空に舞い始めます。

ホタルの乱舞は5月中旬から6月中旬にかけて。
今年もたくさんのホタルが見れますように。



※PDFを利用するにはAdobe社製AcrobatReaderが必要です。
下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。



↑清流を守る「一粒の種」の皆さん

ホタルの幼虫が上陸【H23年4月8日】
撮影:中塚正春氏

ホタルの乱舞
↑ホタルの乱舞(5月中旬〜6月中旬)
 撮影:中塚正春氏

ホタルの乱舞
↑ホタルの乱舞(5月中旬〜6月中旬)
 撮影:中塚正春氏

ページの先頭へ