• 小豆島町とオリーブ
  • 見どころ
  • 特産品
  • イベント情報
  • 見学・体験施設一覧
  • 宿泊施設一覧
  • アクセス情報
  • お問い合わせ

見どころ

二十四の瞳映画村

二十四の瞳映画村

田浦地区からさらに700m南、瀬戸内海を見渡す海岸沿い約1万平行メートルの敷地に大正・昭和初期の小さな村があります。これは、映画「二十四の瞳」のロケ用オープンセットを改築したもので、あの名場面がここで撮影されました。村内にある「壺井栄文学館」では、生前、栄が愛用していた調度品や各作品の生原稿などを展示しており、映画館「松竹座」では、「二十四の瞳」を常時上映しています。また、1950年代の日本映画黄金期を紹介したギャラリーやアルマイトの食器が懐かしい給食セットを愉しめる空間「キネマの庵」も人気を博しています。

営業時間
AM9:00〜PM5:00 (11月 AM8:30〜PM5:00)
休村日
年中無休
住所
香川県小豆郡小豆島町田浦
お問い合わせ先
電話:0879-82-2455
利用料金等
大人(中学生以上)750円、小人350円
団体(20名以上):大人(中学生以上)680円、小人320円
映画村+岬の分教場入場券のセット券
大人(中学生以上)830円、小人390円
セット券団体:大人(中学生以上)750円、小人350円
ホームページ
http://www.24hitomi.or.jp/

ページの先頭へ

岬の分教場

岬の分教場1
岬の分教場2

「二十四の瞳」の舞台となった田浦分校。明治35年(1902)8月田浦尋常小学校として建築された切妻瓦葺平屋建校舎で2教室と教員住宅を含んでいます。その後、明治43年から苗羽小学校田浦分校として使用され、昭和46年(1971)閉鎖されました。 「二十四の瞳」の小説の舞台となってから一躍有名になり、訪れる人が絶えません。教室には当時のままの机やオルガン、子供たちの作品などが残っており、椅子に腰かけて目をつむるとありし日の想い出がよみがえるでしょう。

営業時間
AM9:00〜PM5:00 (11月 AM8:30〜PM5:00)
休業日
なし
住所
香川県小豆郡小豆島町田浦
お問い合わせ先
電話:0879-82-5711
利用料金等
大人(中学生以上)220円、小人110円
団体(20名以上):大人(中学生以上)200円、小人100円
ホームページ
http://www.24hitomi.or.jp/

ページの先頭へ

醤の郷(ひしおのさと)

醤の郷(ひしおのさと)

醤油・佃煮工場が軒を連ねる「醤の郷」。島で醤油づくりが始まったのは、江戸時代,
400年ほど前とされ、町内には、大小20軒余りの醤油醸造会社があります。また、その醤油を使った佃煮産業も盛んで、あたりには、醤油と材料を煮染める香りが漂っています。ここでは、明治時代に建てられた醤油工場やもろみ蔵蔵が、今もなお現役で活躍しています。

住所
香川県小豆郡小豆島町馬木、苗羽地区一帯
お問い合わせ先
小豆島醤油協同組合・小豆島調理食品工業協同組合・小豆島町商工会
電話:0879-82-0007・0879-82-1011
ホームページ
http://kelly.olive.or.jp/

ページの先頭へ

マルキン醤油記念館

マルキン醤油記念館

今まで使っていた醤油工場を改造して醤油の原料からできるまでをわかりやすく紹介しています。

醤油のおいしそうな香りが、ほんのりただよう館内には、ビックリするような大きな桶や昔の醤油づくりの道具たち、醤油の秘密、バイオの不思議などが、ぎっしりつまっています。この醤油記念館の建物は、天然醸造蔵と共に国の登録有形文化財となっています。ご入館の方には、お醤油を1本進呈しています!

営業時間
AM9:00〜PM4:00
休館日
10月15日・12月29日〜31日
※1月〜2月の平日は予約のみ開館
住所
香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1850
お問い合わせ先
電話:0879-82-0047
入館料
大人 210円、小中学生 100円
団体(15名様より):大人160円、小中学生70円
ホームページ
http://moritakk.com/know_enjoy/shoyukan/

ページの先頭へ