• 小豆島町とオリーブ
  • 見どころ
  • 特産品
  • イベント情報
  • 見学・体験施設一覧
  • 宿泊施設一覧
  • アクセス情報
  • お問い合わせ

過去の新着情報

日本三大渓谷美 寒霞渓

紅葉の見ごろは11月上旬から11月下旬頃まで

瀬戸内海国立公園の象徴、日本三大渓谷美の一つとも賞される寒霞渓は、表12景、裏8景からなる雄大な景勝地です。約200万年の歳月を経て、現在のように切り立つ渓谷は、自然の雄大さを感じます。

寒霞渓に自生する植物も季節毎の彩りを添え、素晴らしい渓谷美を醸しだしています。山頂からの眺望はもちろん、ロープウェイに乗りこみ、深い渓谷と、穏やかに広がる瀬戸内海を眺めながらの空中散歩もおススメです。

紅葉の見ごろは11月上旬から11月下旬頃まで。
美しい紅葉と奇岩怪石のコントラストをお楽しみください!!



  • 寒霞渓までのアクセス
    小豆島オリーブバス ・ 神懸線紅雲亭下車 
    徒歩(表12景 約1時間半のハイキングコース)またはロープウェイ片道5分

  • ロープウェイ情報
    料金:片道700円 往復1,250円
    運行時間:12分毎(多客時随時運転)、所要時間5分
     3月21日〜10月20日  8:30〜17:00
    10月21日〜11月30日  8:00〜17:00
    12月 1日〜12月20日  8:30〜17:00
    12月21日〜 3月20日  8:30〜16:30


○寒霞渓に自生する珍しい植物


タンナトリカブト
撮影者:橋本薫氏

タンナトリカブト
撮影者:橋本薫氏

ミセバヤ
撮影者:橋本薫氏

リンドウ
撮影者:橋本薫氏

※ミセバヤは香川県希少野生動植物保護条例に指定された植物の一つで、知事の許可なく採取した場合は「一年以下の懲役、または100万円以下の罰金」が課せられます。

↑ロープウェイで空中散歩

↑山頂付近(平成22年11月12日撮影)

↑紅雲亭付近(平成22年11月中旬頃撮影)

↑石門洞(11月中旬頃撮影)

↑裏8景、伊勢の二見岩になぞらえた、二見岩(11月中旬頃撮影)

↑裏8景、山伏のほら貝に似た螺貝岩
(11月中旬頃撮影)

ページの先頭へ