• 小豆島町とオリーブ
  • 見どころ
  • 特産品
  • イベント情報
  • 見学・体験施設一覧
  • 宿泊施設一覧
  • アクセス情報
  • お問い合わせ

新着情報

寒霞渓を満喫しよう!! ~山頂展望台篇~

瀬戸内海国立公園の象徴、日本三大渓谷美の一つとしても知られる寒霞渓。
寒霞渓を訪れたのなら、ロープウェイの空中散歩や第1展望台から眺めるだけではもったいない!!
ちょっと足を伸ばして散策してみませんか?
             
(印刷用はこちらから)

【①鷹取展望台】


ロープウェイ山頂駅から、徒歩で約5分程の場所にある「鷹取展望台」。
鷹取展望台は、応神天皇が鷹狩りをしたといわれる場所で、昔は寒霞渓の山頂として賑わった場所です。最近では、映画「八日目の蝉」のロケ地にもなりました。

↓↓鷹取展望台に行ってみよう↓↓


山頂駅から八角堂に行く途中にある看板を見つけたら、「表12景下山口」の矢印の方へ歩きます。
↓↓↓


この看板が鷹取展望台出入口の遊歩道の目印です。
↓↓↓


木のトンネルを通過し、「鷹取展望台」の矢印の方に進むと・・・
↓↓↓


鷹取展望台からは、こんなにもきれいな内海湾や瀬戸内海、その向こうの四国の山々が見えます。まさに絶景!

また、約1300万年前の火山活動でできた奇岩を見ることもできます。
その光景は圧巻です!



・山頂展望台篇の印刷用はこちらから

・寒霞渓を満喫しよう!表12景篇

・寒霞渓を満喫しよう!裏8景篇

・寒霞渓山頂周辺・散策マップはこちらから

・寒霞渓ロープウェイの情報はこちらから
 
【②四望頂展望台】
   

山、海、空に視界が開け、四方の展望を楽しめる「四望頂展望台」。
鷹取展望台に行ったら、「四望頂展望台」まで足を伸ばしてみましょう。鷹取展望台から徒歩約10分。時間のある方はぜひ行ってみてください。

↓↓四望頂展望台に行ってみよう↓


鷹取展望台を満喫した後は、鷹取展望台から続く遊歩道を「四望頂」の案内の方へ歩いていきます。
のんびり、ゆったり草木や花を眺めながら歩いていると、展望台が見えてきます。
↓↓↓

鷹取展望からとはまた趣が違った景色が望めます。


表12景の「荷葉岳」(奥側の三角形の岩)や、「烏帽子岩」(手前中央の岩)を見ることができます。

↓↓ちょっと欲張ると・・・↓↓


四望頂にある、この看板の示す方向へ歩いていくと遊歩道が続いています。

その遊歩道を「烏帽子岩」と書かれた看板まで行ってみると・・・
↓↓↓


表12景の1つ「烏帽子岩」をもう少し近くから見られたり、

写真ではちょっと見にくいですが、ロープウェイが行きかう光景を見られたりします。

ページの先頭へ