• 小豆島町とオリーブ
  • 見どころ
  • 特産品
  • イベント情報
  • 見学・体験施設一覧
  • 宿泊施設一覧
  • アクセス情報
  • お問い合わせ

新着情報

天狗岩丁場 新遊歩道
〜小豆島の石の文化・歴史を体感しよう〜

昨年新しい遊歩道が完成した小豆島東海岸の小豆島町岩谷地区にある「天狗岩丁場」に、大坂城と小豆島の石切丁場の物語が分かるモニュメントができました。


●天狗岩丁場探訪マップはこちら

瀬戸内海の島々は良質な花崗岩などに恵まれ、古くから石の産業が盛んな地域です。とりわけ、大坂城再築に際しては、世界最大級の石垣を築くためにたくさんの石を搬出するなど、石の一大文化圏を形成してきました。

中でも、小豆島の岩谷石切丁場跡(国指定史跡)には、残石総数が1600を超え当時の石切丁場の盛況が伺えます。


新しい遊歩道が開通した、「天狗岩丁場」は、大坂城の石切丁場の中でも最大級の規模を誇っており、大小あわせて666もの種石やそげ石などが点在しています。


「天狗岩丁場」新遊歩道入口は、この「石彫のまち」の石彫が目印です。この石彫より50mほど安田側に行ったところに入口があります。


↑竹林の中を続く遊歩道を歩いて登って行くと天狗岩丁場のなかでも、ひと際大きな種石「大天狗岩」がその姿を現します。


↑高さ17.3m、幅7.8m、奥行き12.3m、重量1,700tの大天狗岩。
その大きさを実際に横に立って体感してみてください。                 
    
 
天狗岩丁場探訪マップ

↑岩谷地区には、「天狗岩丁場」だけでなく、「豆腐石丁場」、「八人石丁場」、「亀崎丁場」、「南谷丁場」といった石切丁場跡があり、大坂城築城の歴史と技術を物語っていることから、石切丁場跡では唯一の国指定史跡となっています。






↑あちらこちらに矢穴や刻印の入った石が点在していて、今にも石切りがはじまりそうなほど、臨場感にあふれています。


↑東海岸からの眺めも絶景です。
この穏やかな海を使って大坂城まで石が運ばれていきました。




より大きな地図で 天狗岩石丁場 を表示


ページの先頭へ