小規模事業者持続化補助金

更新日:2021年08月17日

小規模事業者持続化補助金

中小企業基盤整備機構は、小規模事業者が、地域の商工会議所または商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓に取り組む費用を一部助成する【小規模事業者持続化補助金】を公募しています。

中小企業基盤整備機構:https://www.smrj.go.jp/index.html

小規模事業者持続化補助金【一般型】

【概要】

小規模事業者等の地道な販路開拓等の取り組み(例:新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、地道な販路開拓等とあわせて行う業務効率化の取り組みを支援します。

公募要領等は、小規模事業者持続化補助金サイト(外部サイト)をご覧ください。

小規模事業者持続化補助金【低感染リスク型ビジネス枠】

【概要】

新型コロナウイルス感染症感染防止と事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する前向きな投資を行い、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助します。

公募要領等は、小規模事業者持続化補助金〈低感染リスク型ビジネス枠〉(外部サイト)をご覧ください。

小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】

【概要】

新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等を対象に支援します。

【詳細】

公募要領等は、中小機構サイト(外部サイト)をご覧ください。

令和2年12月10日に受付終了。

お問合わせ

小規模事業者持続化補助金の制度等については、管轄の商工会等へお問い合わせください。

⇒ 小豆島町商工会電話番号:0879-82-1011

新型コロナウイルスの影響を受けた事業者を対象に「売上減少証明書」を発行します。

【一般型】

小豆島町内において、新型コロナウイルスによる影響を受けた町内事業者 (売上 10 %以上減少)を対象に、「売上減少証明書」を発行いたします。

下記証明書いずれかを発行いたします。

  1. セーフフティネット保証4号に係る認定書
  2. 危機関連保証に係る認定書
  3. 2020 年2月~6月5日までの任意の1箇月間の売上高(実績数)が、前年同月と比較して10%以上減少したことが分かる証明
  4. 創業1年未満の事業者においては、2020年2月~6月5 日までの任意の1 箇月間の売上高(実績数)が、直前3箇月の売上高平均と比較して10%以上減少したことが分かる証明

【コロナ特別対応型】

小豆島町内において、新型コロナウイルスによる影響を受けた町内事業者 (売上 20%以上減少)を対象に、「売上減少証明書」を発行いたします。証明を受けた事業者は特典として採択後に交付決定額の50%を概算払いとして受けることできます。

下記証明書いずれかを発行いたします。

  1. セーフティネット保証4号に係る認定書
  2. 2020 年2月~2021年1月までの任意の1箇月間の売上高が、前年同月と比較して20%以上減少したことが分かる証明
  3. 創業1年未満の事業者においては、創業後申請する月の前月までの間の任意の連続する3箇月間の月平均売上高(A)と、当該期間の最終月(B)または当該期間以降の任意の1箇月(C)の売上高を比較して20%以上減少したことが分かる証明。(B)(C)はいずれも令和2年(2020年)2月以降の必要があります。
  • その他、官公庁が発行した新型コロナウイルスの影響により売上が20%以上減少したことが分かる証明書や認定書の写しも対象となります。

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課
〒761-4492
香川県小豆郡小豆島町片城甲44番地95
電話番号:0879-82-7021
ファックス番号:0879-82-7028

メールフォームからお問い合わせをする