低所得の子育て世帯の生活を支援するための特別給付金を支給します(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)

更新日:2021年10月23日

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、特に厳しい状況にある低所得の子育て世帯に対し、国の全国一律の支援として、生活支援特別給付金を支給いたします。

対象者

以下の1、2の両方に該当する方

  1. 平成15年4月2日から令和4年2月28日までに出生した児童(一定の障害を持つ児童の場合、申請時点で20歳未満)を養育する父母等
  2. 令和3年度住民税(均等割)が非課税の方、または、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、令和3年1月1日以降の収入が急変し、住民税非課税相当の収入となった方(家計急変者)

ひとり親の方も対象ですが、先に子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)の支給を受けた方は対象外となります。

給付額

児童1人当たり一律5万円

(1)令和3年4月分児童手当または特別児童扶養手当の受給者かつ令和3年度住民税(均等割)非課税の方

申請手続き

申請は不要です。

対象となる方には6月下旬にお知らせを送付いたします。

また、令和3年度の申告がまだの方につきましては、申告いただいた上で非課税であった場合に対象となります。

なお、給付金を希望しない場合は下記様式にて受取拒否の届出を行ってください。

(様式第1号)受給拒否の届出書(PDFファイル:86.1KB)

支給日

令和3年7月9日(金曜日)

児童手当または特別児童手当を支給する金融機関の口座へ振り込みます。

(2)上記以外の方(高校生のみ養育している方、令和3年1月以降で新型コロナウイルスの影響を受けて収入が急変し非課税世帯相当となった方など)

申請手続き

申請が必要です。

支給対象となる場合は、申請書、収入(所得)額の申立書などを健康づくり福祉課または池田窓口センターへ提出してください。父母が共に児童を養育している場合は、原則所得が高い方が申請者となります。

住民税非課税と同等の水準となる収入の目安
世帯の人数 収入の目安(年額) 収入の目安(月額)

2人

(父または母と子1人)

137.8万円 114,833円

3人

(父母と子1人)

168.0万円 140,000円

4人

(父母と子2人)

209.7万円 174,750円

 

申請書類

全員提出が必要なもの

対象者のうち、非課税相当まで収入が急変した方(家計急変者)のみ提出が必要なもの

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入が減少した任意の1カ月について、申し立てが必要です。収入額もしくは所得額を以下の様式で申し立てていただくと同時に、給与明細書や年金決定通知書など、収入がわかるものを提出してください。

申請期限

令和4年2月28日(月曜日)

提出先

健康づくり福祉課、池田窓口センター

関連ページ

その他

厚生労働省ホームページ(外部サイト)

厚生労働省「低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)」コールセンター

0120-811-166(受付時間|平日9時00分~18時00分)

この記事に関するお問い合わせ先

健康づくり福祉課
〒761-4492
香川県小豆郡小豆島町片城甲44番地95
電話番号:0879-82-7038
ファックス番号:0879-82-1120

メールフォームからお問い合わせをする