三都半島アートプロジェクト2020

三都半島アートプロジェクト2020がはじまります

三都半島アートプロジェクト2020のちらしです。二つの球体があり一つに神浦の海が映っています。

「三都半島アートプロジェクト」とは

「三都半島アートプロジェクト」は小豆島を舞台に、今年で7回目を迎える現代アート展です。

今回は、三都半島の南端に位置する神浦(こうのうら)地区を中心に、空き家や廃工場を利用した作品展や、地域の人々との共同プロジェクトが展示されます。

三都半島と神浦(こうのうら)地区について

神浦地区の写真

神浦地区の風景

小豆島の南部につき出した三都半島は、島内でも特に綺麗な海と自然が堪能できる場所です。

また、主会場となる神浦地区は、静かな入江の中に国の天然記念物に指定された”皇子神社社叢”が鎮座し、そこに暮らす人々が築いた特有の文化が色濃く残された場所です。

恵まれた自然と特有の文化を残す三都半島と、”いま”が表現されたアート作品をお楽しみください。

作品紹介

「三都半島アートプロジェクト2020in旧養殖工場」

神浦の南端に佇む旧養殖工場を舞台にアート作品展を開催します。12名のアーティストが地域のリサーチをもとに制作した作品を展示します。

井上舞・上村新・尾身大輔・垣上凜乃・小山絢女・佐野翠・土井紀子・唐詩棋・徳永成美・友定睦・乳井圭太・三松拓真

「ヒトトキの家」田中圭介×広島市立大学芸術学部有志

2019年に発表された田中圭介の作品「Utopia dungeon」が常設されている民家を会場に、「木」をテーマに制作された絵画や彫刻が集まり会場を彩ります。広島市立大学芸術学部有志が制作した力作の数々をご堪能ください。

田中圭介

広島市立大学芸術学部有志

(石田泰葉・岡田祐人・小田浩次郎・小松原裕輔・杉森杏香・田中華・谷山楓・築山花那・徳永雄圭・畠中沙和・藤田木理・松岡星南・松本凌介・三宅響・横関茜・吉田紗菜・渡邊充塁)

「小豆島ブンカケン」イタイミナコ×小豆島の人々

アーティスト・イタイミナコと地域住民の共同による地域のアーカイブプロジェクト。写真や映像、ドローイングを媒体に、会期中でも更新されていく研究室を作り出します。地域住民しか知らないディープでリアルな小豆島の風景をめぐることができます。

「花寿波島の秘密」お別れ展示会 康夏奈

瀬戸内国際芸術祭2013で発表され人気を博した巨大絵画作品「花寿波島の秘密」が今年をもって最後の公開となります。

令和2年2月に逝去されたアーティスト・康夏奈さんの小豆島での活動を振り返るパネル展示とともに小豆島の人々に愛され続けた人気作品を今一度ご観覧ください。

期間:2020年9月12日(土曜日)から10月4日(日曜日)9時から17時 会期中無休

会場:小豆島ふるさと村夢想館

本展は新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮し開催します。感染拡大防止のためのご協力について三都半島アートプロジェクトウェブサイトにて掲載しておりますので、ご一読いただきますようお願い申し上げます。

https://twitter.com/mitohanto_art

施設MAP

三都半島アートプロジェクトマップ1
三都半島アートプロジェクトマップ2

アクセス

三都半島アートプロジェクト2020のチラシからアクセス地図を抜粋したもの
三都半島アートプロジェクトのちらしから作品展示個所の地図を抜粋した画像

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課
〒761-4492
香川県小豆郡小豆島町片城甲44番地95
電話番号:0879-82-7015
ファックス番号:0879-82-1025

メールフォームからお問い合わせをする

更新日:2020年09月17日